口コミレビュー2:北欧家具のセンターテーブルの使い心地について

我が家では北欧家具やキッチングッズがいくつかあります。その中で、センターテーブルが非常に使いやすくて便利でしたので、お伝えしたいと思います。

我が家のセンターテーブルは、いわゆるオーバル型(楕円形)なのですが、色は茶色で、非常に無難です。しかし、どのような部屋にもなじみやすく、今はベッドルームのベッドの近くにテレビをおいていますが、その前は今においていてコーヒーなどを飲むときに使っていました。

居間とベッドルームでは、雰囲気や部屋のカラーなどもかなり違います。ベッドルームは青と濃いめの茶色、居間は白と赤をアクセントに使っています。そして茶色のセンターテーブルは茶色の色が同じというわけではないのですが、違和感なく部屋にあるのです。

北欧家具の良い所は、この違和感のなさ・他の家具との合わせやさではないかとおもいます。形はそれほど特徴がないけれど、どこかスタイリッシュで、モダンにもクラシカルにもアレンジしやすい所が魅力です。

北欧家具の中には、もう少しはっきりと個性を打ち出しているのもあるのですが、全体的にはそれほど強い個性を表面に表したものは少ないのではないでしょうか。そしてただ無難というわけでなく、我が家の場合はセンターテーブルですが、それだけでスタイリッシュに見えるというのが良いです。

それは家具だけでなく、キッチン道具などにも共通しています。それから、余分な装飾がないのも良いですね。結果的にはそれがどういう部屋にも合わせやすくなるのだろうなと思います。

 

ページのトップへ戻る