北欧家具の魅力とは

近年特に人気の北欧家具ですが、多くの人を惹きつける北欧家具の魅力って何なんでしょうか。北欧家具というのは、スカンジナビアの各国の家具デザイン、またそういった「北欧らしい」家具デザインの事を言います。 北欧家具は、世界中の人々を魅了して止みません。

スウェーデン発の、インテリアの大型チェーン店も今日、大人気ですね。 北欧デザインは、アメリカのデザインやヨーロッパのデザインとも別枠で存在しています。 北欧デザインは、時代の流れから必然的に生まれたムーブメントとしてのデザインではなく、どちらかといえば、民族学的・伝統的な長い歴史の末にあるものと言えます。

その魅力は、ミニマルでありながらも、人間らしさや繊細さを感じさせる、少女的なデザイン性にあります。 そして、なによりも北欧家具は、とてもかわいいのです。 派手さや極端さを好まない日本人の感覚に、北欧家具のデザイン性は、合っていると言えます。 デザインの種類を老若男女で言うと、北欧デザインは、少女といった感じです。 とにかくかわいさがあるのです。まるで、純真無垢な少女のような感じです。

 

北欧家具の魅力のひとつである「温かみ」

コペンハーゲンの空港は、空港のデザインも非常に美しく、木のフロアで暖かみがあり、おもちゃ箱みたいにかわいい北欧雑貨のショップで、溢れています。スカンジナビアは、冬は極寒ですが、なぜ暖かみがある北欧家具のデザインが生まれるのでしょうか。それは、北欧家具のデザインの基本的なテーマが、人や自然だからだと言えます。北欧家具は、自然や人をスケッチし、それをオブジェクト化させたものだと言えます。

北欧家具から見られる、北欧デザインの概念は自然をイメージの基盤としているという事です。機械へのあこがれや、ビジュアルに走って、人や部屋とのフィット感を無視するような姿勢がないので、人の暮らしにすっととけ込んで来てくれると考えられます。

そして、デザイナー達は、過酷な自然の中に、暖かみを感じているのです。無視出来ない過酷な冬を受け入れると、その中から、暖かみを探し出す事ができます。北欧家具から感じる温かさは、人間味とも言えます。北欧家具は、ミニマルであるにも関わらず、人間味があるのです。

 

ページのトップへ戻る