北欧家具のテーブルの魅力

寒さが厳しい北欧では、家の中で過ごす時間が長いため、自然と家の中のインテリアに工夫やデザイン性が取り入れられてきたと言われています。

毎日の生活を楽しく豊かに過ごすために、秋の来ないデザインのテーブルや椅子が多く作られていて、最近ではそれらの北欧家具が日本の家庭のインテリアとしてもマッチするということから、日本でも取り扱うお店が増え、好んで購入する人たちも増えているようです。

北欧家具は伝統技術を受け継ぐ職人が、熟練の技を使って丁寧に手作りで作成しているので、テーブルも椅子もオーダーメイドのような仕上がりです。

機能性を重視し、シンプルなデザインになっているため、地味に感じる人もいるようですが、長く使用するうちに愛着がでて、飽きがこないところが大きな魅力となっています。

北欧家具のマイスターの資格を持ったデザイナー、ボーエ・モーエンセンが作った作品は素材を活かしたデザインでテーブルなどは特に人気が高くなっています。

 

北欧家具のテーブルの日本での人気

北欧家具はシンプルですが素材とデザインにこだわった物が多く、最近では日本でも人気を集めていて、大きな家具店の中には北欧家具のコーナーがあるくらいで、インターネットで検索しても、たくさんの種類の北欧家具を見つけることができます。

ハンス・J・ワグナーやアルネ・ヤコブセン、ボーエ・モーエンセンといった有名な北欧家具のデザイナーも多く、テーブル、椅子、チェストなど多くのデザイナー家具があります。

北欧家具は天然の木の木目の美しさや、深み、温かみが特徴で、無垢材に比べ長い間使用していても狂いが生じないのが魅力のひとつと言われています。

日本国内では北欧風のデザインをまねた家具も数多く制作されており、シンプルで味わいのあるデザインだけでなく、使い勝手の良さなどにも定評があり、こたつテーブルなどの日本ならではの製品も多く作成されています。

使えば使うほど味が出るということもあり、テーブルやチェストは高価なものでも購入したいという人が後をたちません。


 

ページのトップへ戻る