北欧家具のソファの魅力

木目が美しく、木のぬくもりが感じられて、使いこんでいくうちに味が出るというところから北欧家具の人気が日本国内でも高まっています。 北欧特有の天然木であるチーク材は丈夫で堅く、耐久性や耐水性もあり、長期間利用していても狂いが生じることがありません。

他の材質で作られた家具に比べ長持ちします。その北欧家具のなかでもソファといえばデンマーク製のものが主流です。

北欧家具はデザイン性にも優れていて、特にソファは有名なデザイナーが作成したデザイナーズソファが多く、根強い人気を保っています。

北欧ソファのデザイナーで有名なのはフィン・ユールやシャルル・エドゥアール・ジャンヌレなどで、2人とも建築家としても有名です。どちらのソファも人気のあるデザイナーの作品なので、リプロダクト品でも5万円以上するものが多く、なかには数十万円する製品もあります。

どちらのデザイナーも30年以上前に亡くなっているため、版権がなくなっていて現在市場に出回っているものは全てリプロダクト品ですが、もし正規品が売りだされるとしたら、確実に1千万円以上はするそうです。

 

ページのトップへ戻る