口コミレビュー3:北欧のダイニングーテーブルセットを選んで正解

2年前に築40年以上の古民家を買い取りました。純和風な内装で、おそらく和雑貨や和テイストの家具のチョイスが王道かと思ったのですが、あえてミスマッチな家具を選んで家の中で異文化交流を楽しんでみようと思い、リビングのメインとなるダイニングテーブルのセットは北欧テイストのものをチョイスしました。

最近ブームが来ている北欧の家具。私達家族が選んだデザインは、ナラ素材の少々丸みを帯びたシンプルなデザイン。イスの座面はペーパーコードのデザインのものをチョイスし、非常に柔らかいナチュラルな印象の部屋を作り上げる事ができました。

特にナラの素材は大変気に入っていて、畳の若草色との愛称がとても抜群なんです。証明も北欧スタイルでは有名なレ・クリントのペンダントライトを用いて、観葉植物や、絵画で室内を演出。そうする事で、よりダイニングテーブルの良さが際立って見えてきました。

平日は何かとバタバタしていて、リビングでも慌しく過ごしてしまう事が多いのですが、週末は食器やランチョンマットも北欧テイストで統一した食卓で、ゆっくりと朝ごはんを頂く時間が非常に幸せなんです。

北欧テイストの食器は色鮮やかでデザイン性豊富なものばかり。キッチン用品なども全て北欧で統一したいという願望があったので、やはりダイニングテーブルセットは北欧テイストをチョイスして改めて正解だったなと感じています。今度は、シンプルなテーブルの上に、ムーミンのキャラクター達も取り入れていきたいなぁと思っています。

それは家具だけでなく、キッチン道具などにも共通しています。それから、余分な装飾がないのも良いですね。結果的にはそれがどういう部屋にも合わせやすくなるのだろうなと思います。

 

ページのトップへ戻る